TP-STRUCT3D

 

3次元弾塑性解析ソフトウェア

 

 

理化学研究所が独自開発したアルゴリズム「静的陽解法」をもとに、トライアルパークの技術力を生かした改良を加えることで短い計算時間(Robust)と高精度(Accurate)な非線形解析を実現させた日本発のオリジナルソフトウェアです。お客様のさまざまな仕様ニーズに対応し柔軟
かつ迅速にカスタマイズ環境と技術力をご提供します。

TP-STRUCT3Dの特徴

 

  非線形解析

座屈現象等複雑な大変形問題でも計算が途中で止まることなく、面倒な操作(入力パラメータ調整)を行わずに解析でき、製造プロセスシミュレーションから過荷重による破壊予測等まで製品・治工具開発全域にわたる問題が解決できるロバスト性のあるソリューションツールです。

 

接触変形解析

多数の部品から構成される組み立て製品や歯車等動力伝達機構における部品同士の相互作用が、刻々と変化する複雑な接触・離脱現象とともに発生する部品相互の変形現象として視覚的にとらえることができます。

 

 成形加工解析 

連続工程や工具押し圧制御等塑性加工解析に必要な基本機能を標準装備し、陽解法特有の不釣り合い力問題を解消する等弊社独自機能を導入することにより、プレス加工・鍛造に加えて圧延・転造等回転加工等成形加工全般にわたる問題に対応できます。

 

  自動リメッシング

多数の部品から構成される組み立て製品や歯車等動力伝達機構における部品同士の相互作用が、刻々と変化する複雑な接触・離脱現象とともに発生する部品相互の変形現象として視覚的にとらえることができます。

 

お気軽にご相談ください

PAGETOP
Copyright © 2016 TrialPark Co.,Ltd.  All Rights Reserved.